「第2波」病原性高い恐れ=新型コロナで専門家

こういうのはいいんだけれど、肝心のWHOは何やってるの?最近音沙汰なしじゃん!

消費者金融会社への過払い金の返還請求を手掛け、積極的なテレビCMなどを行っていた弁護士法人、東京ミネルヴァ法律事務所が6月24日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。だが、今回の破産には、ほとんど知られていない深い闇がある。

結局返金されなかった人もいるのだろう

simscan

Simscan is a simple program that enables the qmail smtpd service to reject viruses, spam, and block attachments during the SMTP conversation so the processing load on the email system is kept to a minimum

You can find more information about Simscan here.

It needs Ripmime to extract attachments out of a MIME encoded email packages.

Ripmime

cd /downloads/
tar zxvf ripmime-1.4.0.10.tar.gz
cd /downloads/ripmime-1.4.0.10/

make && make install

Simscan

We will configure a patched version of Simscan. The combined patch of John M. Simpson’s mainly fix some bugs and add debugging options.

cd /downloads/
tar zxvf simscan-1.4.0.tar.gz
cd /downloads/simscan-1.4.0

patch < /downloads/patches/simscan-1.4.0-combined.4.patch

./configure \

–enable-user=clamav \

–enable-spamc-user=y \

–enable-clamav=y \

–enable-attach=y \

–enable-spam=y \

–enable-dropmsg=y \

–enable-custom-smtp-reject=y \

–enable-spam-hits=8.5 \

–enable-spam-passthru=y \

–enable-clamdscan=/usr/bin/clamdscan \

–enable-ripmime=/usr/local/bin/ripmime \

–enable-sigtool-path=/usr/bin/sigtool

make
make install

cat > /var/qmail/control/simcontrol << __EOF__
:clam=yes,spam=yes,spam_hits=8.5,attach=.vbs:.lnk:.scr:.wsh:.hta:.pif
__EOF__

# update simcontrol.cdb
/var/qmail/bin/simscanmk
/var/qmail/bin/simscanmk -g

Test Simscan

systemctl restart clamav-daemon
systemctl restart clamav-freshclam

cd /tmp
echo “hi, testing.” > /tmp/mailtest.txt
env QMAILQUEUE=/var/qmail/bin/simscan SIMSCAN_DEBUG=3 /var/qmail/bin/qmail-inject you@yourdomain.com < /tmp/mailtest.txt

You should have this kind of result:

env QMAILQUEUE=/var/qmail/bin/simscan SIMSCAN_DEBUG=3 /var/qmail/bin/qmail-inject you@yourdomain.com < /tmp/mailtest.txt
simscan: starting: work dir: /var/qmail/simscan/1407314229.189583.11975
simscan: calling clamdscan
simscan: clamdscan: /var/qmail/simscan/1407314229.189583.11975: OK
simscan: clamdscan:
simscan: clamdscan: ———– SCAN SUMMARY ———–
simscan: clamdscan: Infected files: 0
simscan: clamdscan: Time: 0.008 sec (0 m 0 s)
simscan: normal clamdscan return code: 0
simscan: calling spamc
simscan: calling /usr/bin/spamc spamc -u you@yourdomain.com
simscan:[11974]:CLEAN (3.00/5.00):0.2596s::(null):root@mail-test.thibs.com:you@yourdomain.com
simscan: done, execing qmail-queue
simscan: qmail-queue exited 0

If you have issues here, you can troubleshoot by following tips given on https://qmail.jms1.net/simscan/troubleshooting.shtml.

Test Qmail

Users comments

Comment this page

Your name (*):

Your E-mail:

Your comment (*):

Copy the following code (*)

Alan – 15/01/2017 01:43

Hi Thanks for the great tutorial!!

I had an issue wich has not been mentioned over here. I’m installing om Ubuntu 14.04.

Got this in the result of the simscan test:

simscan: clamdscan: /var/qmail/simscan/1484443751.940336.25851: lstat() failed: Permission denied. ERROR

To solve this, edit /etc/apparmor.d/usr.sbin.clamd and insert the line

/var/qmail/simscan/** r,

after the other file permissions.

Finally, reload the apparmor profiles with

sudo invoke-rc.d apparmor reload

After that, works like a charm!

Cedarlug – 03/08/2016 06:51

I’d recommend enabling regular expression support in the compilation. You’ll need to add pcre development libs in the original apt packages list.

The reason for this is to enable front-end screening of messages. This fills the role of the prior qscan setup under /var/spool/qscan/quarantine-events.txt which I used to leverage to block a lot of common spam.

With regular expression support, you can easily block messages from the new, all-too-common-spam-sources top-level domains such as .top, .download, .xzy, etc. for example.

My current simcontrol reads:

:clam=yes,spam=yes,spam_hits=8.5,regex=(?)^From\x3a.*<[_a-zA-Z0-9-]+(\.[_a-zA-Z0-9-]+)*@[a-zA-Z0-9-]+(\.[a-zA-Z0-9-]+)*\.(space|party|webcam|xyz|download|me|work|date|faith|uno|win|review|racing|museum|name|top)\>$,attach=.vbs:.lnk:.scr:.wsh:.hta:.pif

This blocks quite a few of the new top-level domains that seem to be cheap at the moment, and heavily used by spammers.

 

Kirk gleason – 06/12/2014 16:36

I had an issue getting the ClamAV daemon to start on a VPS with 512MB of RAM and no allocated swap. Resolved the issue by creating a swapfile.

Dedi – 25/09/2014 10:09

Hi Sirnene

I have uninstall apparmor and insert function 0644 just like what you told.

But still get “gcc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I. -I.     -g -O2 -Wall -c `test -f ‘simscanmk.c’ || echo ‘./’`simscanmk.c
In file included from /usr/include/fcntl.h:252:0,
from simscanmk.c:33:
In function âopenâ,
inlined from âmake_cdbâ at simscanmk.c:429:6:
/usr/include/x86_64-linux-gnu/bits/fcntl2.h:51:24: error: call to â__open_missing_modeâ declared with attribute error: open with O_CREAT in second argument needs 3 arguments
make[2]: *** [simscanmk.o] Error 1
make[2]: Leaving directory `/downloads/simscan-1.4.0′
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
make[1]: Leaving directory `/downloads/simscan-1.4.0’
make: *** [all] Error 2

this error after running “make” command

any clue?

Anas – 11/09/2014 10:21

Simscan bouncing spam mail. I rather require to deliver spam mail with TAG [SPAM] How to achive that?

Anas – 10/09/2014 12:41

Hi, How do I tell simscan to tag [SPAM] with mail which will hit score 5? Also need to know if simscan working properly. Below a header is given.

 

Return-Path: <postmaster@ns1.citech.net>
Delivered-To: test@ns1.citech.net
Received: (qmail 2430 invoked by uid 509); 10 Sep 2014 18:22:19 +0600
Received: by simscan 1.4.0 ppid: 2425, pid: 2426, t: 1.9894s
scanners: attach: 1.4.0 clamav: 0.97/m:55/d:19348
Received: from localhost (HELO ?122.99.96.5?) (127.0.0.1)
by mail.ns1.citech.net with SMTP; 10 Sep 2014 18:22:17 +0600
Received: from 202.125.74.182 (proxying for 192.168.1.195)
(SquirrelMail authenticated user postmaster@ns1.citech.net)
by 122.99.96.5 with HTTP;
Wed, 10 Sep 2014 12:22:17 -0000
Message-ID: <d0804b5ecd079cb726570df3b34fd5d7.squirrel@122.99.96.5>
Date: Wed, 10 Sep 2014 12:22:17 -0000
Subject: test
From: postmaster@ns1.citech.net
To: test@ns1.citech.net
User-Agent: SquirrelMail/1.4.22
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain;charset=iso-8859-1
Content-Transfer-Encoding: 8bit
X-Priority: 3 (Normal)
Importance: Normal

 

My server is based on centos.

Sirnene – 01/09/2014 20:56

On ubunte server need edit.conf or uninstall apparmor

sudo service apparmor stop

sudo update-rc.d -f apparmor remove

sudo apt-get remove apparmor apparmor-utils -y

Sirnene – 01/09/2014 10:10

if ( (fdout = open(CdbTmpFile, O_CREAT | O_TRUNC | O_WRONLY,0644)) < 0) {

printf(“error on open tmp file\n”);

return(-1);

Sirnene – 01/09/2014 10:09

When you see error 

gcc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I. -I.     -g -O2 -Wall -c `test -f ‘simscanmk.c’ || echo ‘./’`simscanmk.c In file included from /usr/include/fcntl.h:279:0, from simscanmk.c:33: In function ‘open’ inlined from ‘make_cdb’ at simscanmk.c:429:6: /usr/include/x86_64-linux-gnu/bits/fcntl2.h:50:24: error: call to ‘__open_missing_mode’ declared with attribute error: open with O_CREAT in second argument needs 3 arguments __open_missing_mode (); make[2]: *** [simscanmk.o] Error 1 make[2]: Leaving directory `/downloads/simscan-1.4.0′ make[1]: *** [all-recursive] Error 1 make[1]: Leaving directory `/downloads/simscan-1.4.0′ make: *** [all] Error 2

You need edit simscanmk.c:429:6: on line 429

and add to fuction, 0644 

Install simscan and ripmime to filter incoming mails on a Qmail based system

FB、日産に個人情報か 電話番号など、米紙報道

もうSNSは辞めた。

 

海外からの中古車は20万キロでも「新車」扱い、でも国産車は13年経過で環境負荷大きい?(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース

情報源: 海外からの中古車は20万キロでも「新車」扱い、でも国産車は13年経過で環境負荷大きい?(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース 

車齢20年を迎えたクルマや割り増しされた自動車税納付書 これなんか、何だか変だ、税金の無駄取走る距離に応じて徴収すべき?

マンネリ感出てたから、少しは刺激があったほうがいいかも?

首都圏で積雪 交通機関への影響やケガ人も(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

関東地方では1日夜から雪が降り、2日朝は首都圏でもところどころ雪が積もっていると – Yahoo!ニュース(日本テレビ系(NNN))

情報源: 首都圏で積雪 交通機関への影響やケガ人も(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース 

なぜこんなに騒ぐのか、首都雪国に移転か?・・

投資??、値上がり?、利息?、何に使うの?

仮想通貨取引所コインチェックから、約580億円相当が不正に引き出された仮想通貨のNEM(ネム)。1月26日の問題発生から2日経った28日、都内ではNEMに関心のある人が集まる勉強会「NEM Meetup JAPAN」が開かれた。 NEMに関心のある人たちのコミュニティであるNEM財団の副代表のジェフ・マクドナルド氏が中継で登場し、「今回(コインチェック)の問題は(NEMの)テクノロジーの欠陥ではない。あくまで法律の問題として、日本の規制・司法当局と協力して刑法に則った形で処理していくべき」と明言した。ネット上で、流出資金の追跡システムを開発したとして、話題になった「ホワイトハッカー」の存在にも言及した。 NEM財団は1月28日(Twitter上では日本時間13時19分に配信された)公式ブログ内で、アカウントに自動でタグ付けする追跡システムを開発していると発表。24〜48時間で完成する見込みとした。 システムの実装の状況を質問すると、ジェフ氏は「すでに(NEMには)アカウントのウォッチング機能はあった。テレグラムや追跡ツールがあり幸いだったが、この状況で詳細を話すとハッカーが悪用する可能性があるので、現時点では進捗状況は話せない」と述べるにとどまった。 ホワイトハッカーの女子高生とは? 問題発生後にコインチェックの流出資金の追跡システムの開発に貢献し、Twitter上などで賞賛されている「Rin, MIZUNASHI(JK17)」(@minarin_)」さんの存在についてもジェフ氏は語った。 「Rinは同じ財団の従業員で、私の部下。Rinとは、ハッキングの情報が公になる前から、このアカウントをウォッチングしてほしい、どのような形でトラッキングができるか、という可能性を話していた。Rinは迅速に熱心に取り組んでくれている。彼が使っているトラッキングシステムはちょうど更新した、もしくは、これからすぐに更新をかけていく段階に入っている」 Twitter上の「Rin, MIZUNASHI」のアカウント末尾に(JK17)と付いているためか、ネット上では日本の女子高生が「ホワイトハッカー」として活躍したのでは、と話題になった。ジェフ氏が「Rin, MIZUNASHI」を「he」(彼)と表現したとき、張り詰めた会場の空気が一瞬ゆるんだ。 NEM財団が、流出資金自動追跡プログラムの作成を開始しました。 その完成を待ち引き継ぎを行い、作業終了とさせていただきます。 それまでは、こちらで追尾を続けます。— Rin, MIZUNASHI (JK17) (@minarin_) 2018年1月26日 フォロワーさん!これ、届きました♪ :;(∩´﹏`∩);: 本当にありがとうございます☆ こちらで今夜は乗り切りたいと思います٩(ˊᗜˋ*)و pic.twitter.com/09cNVCbOPJ— Rin, MIZUNASHI (JK17) (@minarin_) 2018年1月27日 出席者はコインチェックを「応援」 「NEM Meetup Japan」は、NEMに関心のあるボランティアらが集まり、主催している。2017年11月から始まり、今回が2回目。初回は20〜30人だったが、今回は120人が出席した。会場は満席で、コインチェックの問題の余波も感じさせない盛況ぶり。 出席した投資家やエンジニアからは今回の問題で、仮想通貨の勢いが衰えることを心配し、コインチェックを“応援”する声が上がった。 2017年1〜2月からNEMに投資している男性は、「(国内でNEMを取り扱う)コインチェックとZaifがいるからこそ、日本国内が盛り上がる。(取引所は)精一杯キャッチアップして、リスクをとって運用してくれている。仮想通貨市場が膨らんでいく中で、法律、リテラシーが追いついていない」と話し、「(コインチェックは)ユーザーの方を向いて、誠実に対応している」と評価した。 エンジニアの男性は「コインチェックの勉強会に参加したことがあるが、優秀なエンジニアの方々だった。(どんなプログラムも)バグは出てしまうので、(流出の可能性も)仕方ない」と擁護した。 主催者の男性は、「コミュニティが正しい情報を発信してくことで、この市場が正しい方向に進められるのではないか」とNEMコミュニティの役割を提案していた。 業界への余波は? 会場には業界関係者の姿もあり、「被害者のことを考えるとなかなか言いにくいが、コインチェックに頑張ってほしい気持ちがある」と複雑な心境を話す。 金融庁は1月29日、コインチェックに対して、利用者への対応や、システムリスク管理の強化などを柱とした、業務改善命令を出した。国内の仮想通貨取引所各社に対しても、セキュリティ対策の再点検を要請している。 問題の余波は業界にどこまで広がるか、この業界関係者は「普段から金融庁の検査はかなり厳しい」と話した。 (文、写真・西山里緒、木許はるみ)